英語ができてよかったこと、実感する瞬間はいつ?

英語のメリット

筆者は中学の時に初めて英語を勉強して、当初は受験のためだけに単語や文法を覚えていました。

大学受験を終えたら英語はもう必要ないんじゃないのかと思っていましたが、案外役に立つ場面や英語ができてよかったと思うこと、よかったと思う時、実感する瞬間があります(もちろんTOEIC満点を取れるような英語力は持っていないですが)

これから英語学習を続けていくモチベーションにもつながることなので、今回はこの内容についてまとめたいと思います。

英語ができてよかったこと、実感する時はいつ?

普段あまり意識しないかもしれませんが、「英語」というのは私たちの身の回りに溢れてます。

英語は以下のような場面で役に立ちます!

外国人とコミュニケーションがとれる!

コミュニケーション

何といってもこれじゃないでしょうか。

そもそも英語は言葉です。コミュニケーションをとるためのツールなのに、学校で勉強しているだけでは英語を使ってコミュニケーションを取らなければならないという場面にはめったに出会えません。

だから英語があまり役に立たない、つまらないと感じてしまうのかもしれません。

その反面、実際に英語でしかコミュニケーションを取ることができないという場面に出会った時、一生懸命喋った英語が通じたらこれほど嬉しいことはありません。それに相手が何を言っているかわかった時には英語をやっておいてよかったと実感できるはずです。

海外のニュースサイトの文が読める!

ニュース

海外のニュースサイトに書いてある記事を読むことができると意外と面白かったりします。

日本では報道されないような内容のニュースや、同じニュースであっても海外の目線から書かれていたりするので、普段当然と思っていることが海外の人にとってはそうではないということが知れたりなどという新しい発見がありますよ。

説明書の英文がわかる!

説明書

Amazonなどのネットショッピングで何かを購入した時、その商品の説明書が英語でしか書かれていないことが意外とあります。

筆者の経験ではトレーニング用品やスマホの付属品などがそうでした。このような場合、もちろん英語がわからなくても、図を見ればある程度わかるようになっていることが多いですが、説明文を読めたほうがわかりやすいですし、結構大事な注意書きなどが言葉でしか書かれていないことなどもあります。

こんな時に英語を読めるとスムーズにセッティングができるので無駄に時間をかけたり、使い方を間違えたりしなくて済みます。

YouTubeのコメント欄の英語が読める、書ける!

YouTube

日本のアニメやゲーム、アイドルなどは世界でもかなり人気が高いです。それに関連した動画のコメント欄は、日本語よりも英語のコメントが多かったりします。

自分が好きなアニメやゲームや人などの感想を海外の人と共有できたら楽しいですよね。コメント欄に何が書かれているのかわかれば、共感したりすることもできますし、それに返信をしてチャットをすることもできます。

そこから仲良くなって新しい友人を作ることもできるかもしれません!

映画の字幕版が楽しくなる!

映画館

海外の映画を見るときに字幕版で見るか吹き替え版で見るかというのは絶えることのない話題ですが、英語がわかれば字幕版で見るときの楽しみ方の幅が広がります。

吹き替え版というのは日本語としてわかりやすい内容とするために、元々のセリフから結構変わっているところがあったりします。

一方の字幕版は音声がそのままですが、表示されている字幕は幅や表示時間の制限から、ニュアンスが微妙に変わっていたりします。

そんな時、英語の音声も理解しながら字幕版の映画を見れれば、「本当はこんなセリフを言っているのだな」とか、「今のはジョークを言っているのだな」などとというような楽しみ方をすることもできるようになります。

洋楽が心に響く!

ライブ

歌詞が日本語なら何を言っているかわかりますが、英語だとアーティストが伝えたいメッセージを理解することが難しいですよね。

もちろん、別のサイトで日本語に訳された歌詞を確認するのもありですが、せっかくなら歌詞を聞きながら理解したいところです。他の言語に変換せずに理解することでそのアーティストの歌に込めた想いがダイレクトに伝わり、より洋楽を楽しむことができるはずです。

また、歌だけでなく、そのアーティストがインタビュー動画などで何を語っているのか、どのような考え方で生活しているのかということも知ることができるのもメリットの一つです。

洋書を原作そのままで楽しめる!

本

日本でも有名な海外の書物(例えば「ハリーポッター」シリーズ、グリム童話など)を英語のまま読むことができます。

これは本が好きな人にとっては英語の勉強にもなります。英語の勉強はあまり面白いものではないですよね。そんなときに英語の書物を原作そのままで読むことができれば、勉強ではなく物語を楽しみながら英語に触れることができますし、様々な表現や単語力を身に付けることもできますよ

海外旅行で便利!好感度もアップ!

旅行

コミュニケーションが取れるという部分と重なりますが、海外旅行に行ったときに英語が話せるとかなり便利です。

現地で言葉の壁がなければ、ツアーに申し込まずに自分のしたいこと組み込んで自分でプランを立てることができますし、困ったときには現地の人に助けを求めることで解決もできるため、緊急時などにも落ち着いて対応できるでしょう。

旅先が英語圏であればもちろんですし、英語圏でなくても英語が話せればある程度は乗りきることができます。それに、友人や恋人と一緒に海外旅行に行った時にあなたが英語を使いこなしているところを見れば、周りの見る目が変わる評価がアップすること間違いなしです!

まとめ

こうして見てみると、英語を使いこなせると結構便利に思いませんか?

普段わたしたち日本人は忘れがちですが、本来英語というのは受験勉強の道具でも就職のために必要なものでもありません。

英語はコミュニケーションをとるための一つのツールなんです。英語を理解することで日々の生活をより楽しく、豊かにすることができることを覚えておいてください!

このことを忘れないようにして日々の学習も頑張っていきましょう!

コメント