Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/kogani753/koganienglish.com/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
英会話を上達させる基本的な英単語-Part1 | らくらく英語ネット

英会話を上達させる基本的な英単語-Part1

英会話

ネイティブによって頻繁に使われる単語は、意外にも簡単な英単語が多いです。

しかし、知っているだけでは英会話はなかなかうまくなりません。

何故でしょうか?

それは、見たことはあっても、文章の中で使われていると意味がはっきりしない単語があるからです。

こうした、ネイティブがよく使っているにもかかわらず日本人にとってなじみの薄い単語を勉強していくことで、英会話の力を身に付けていくことができます。

では、実際にどのような単語があるのかを見ていきましょう。

earn

get (something) due to work or effort

仕事や努力をして何かを得る

使い方

earn」は「仕事をしてお金を得る」の意味でおなじみですが、金銭だけでなく尊敬や勝利、好成績など、努力の結果として何かを得る場合にも使うことができます。

例えば、難しいことや勇気が必要なことをしたり、他人のために尽くしたりした結果、他人から尊敬されることになれば、「earn respect」ということができます。

そのほかにも、スポーツ選手が練習や努力をした結果、勝利することができれば、「earn victory」と表現もできますし、学生が必死に勉強をした結果、いい成績をとることができれば、「earn good grade」と言ったりすることができます。

このように、「earn」は努力が報われて何かを得たときに使う表現なんです。

She earns her living by playing the piano.

(彼女はピアノを演奏して生計を立てている)

His scientific discovery earned him respect and admiration.

(彼は科学上の発見をして尊敬と称賛を受けた)

budget

a plan concerning how to spend a certain amount of money

ある特定の金額をどのように使うかという計画、予算

使い方

この単語は、個人や家族などの数人の集まりから、企業や政府などの大規模な集団までの、グループの大きさに関係なく使える便利な単語です。

予算がいくらかを尋ねる表現は「What is your budget?」が最も適しています。

予算内に収める、もしくは超えてしまうときはそれぞれ「under」と「over」の前置詞とともに使います。

また、「come in」や「go」と一緒に使うことで

come in under budget「予算内に収める」

go over budget「予算を超える」

という表現もできます。

It’s too expensive for my budget.

(予算オーバーです)

balance the budget

(収支の均衡をとる)

afford

be able to pay for or do without much trouble

あまり苦労せず金銭を使ったり何かをする余裕がある

使い方

afford経済的な話題だけでなく、様々な文脈で登場します。

例えば、あまりトラブルなく、仕事を休むことができる場合には「can afford to take a day off」と表現することができます。

金銭的なことをいう場合には「could」と併用することが多く、~する経済的余裕がある」という意味になります。

逆に、経済的、金銭的な余裕がなく、支払う余裕がない場合は「can’t afford」という否定文を使います。

また、何かをするのが大変で遠慮する場合にも「can’t afford」を使うことができます。

I can’t afford to keep up with the latest fashion.

(私は最新の流行を追いかける余裕はない)

He could not afford to go on this way.

(彼にはこの調子で続けていく余裕はなかった)

maintain

keep in good condition

良い状態を維持する、保つ、管理する

使い方

この動詞「maintain」の名詞形である「maintenance」は「メンテナンス」というカタカナ英語としてよく使われているので、なじみ深いと思います。

日本で「メンテナンス」といえば、機械や車、家などの保守作業を表しますが、実際に英語の「maintain」は、建物や機械だけに限らず、物や人に対しても使うことができます。

例えば、国と国同士の関係を友好的に保つという意味として「maintain」を使ったりすることができるんです。

また、「well」や「poorly」などと一緒に使うことで、どの程度の状態で維持をしているのかという説明をすることもできます。

maintain friendly relations with neighboring countries

(近隣諸国との友好関係を保つ)

This apartment house is well maintained.

(このアパートは手入れがよく行き届いている)

まとめ

すでに知っている単語だったのではないでしょうか。

しかし、これらを覚えていくことで英会話の力がきっとついていくはずです。

当然、今回ものだけではなく、他にもたくさんの英単語があるので、コーナーとして続編を更新予定です。

次回の更新をお待ちください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント